学校薬剤師活動~二酸化炭素濃度測定~

社長の高橋です。

郡山市某小学校で、環境検査の
一つである「教室内の二酸化炭素
濃度の測定」を行ってきました。
今年は、暖冬で雪も少なく、
ストーブの使用は、
例年より省力使用のようでした。

測定は授業中、戸や窓を閉め切った
教室で行いました。

1年生の教室の
1回目が1000ppm
2回目が1500ppm
3回目が1600ppmでした。

5年生教室の
1回目が1500ppm
2回目が2000ppm
3回目の測定は授業が終わり、
教室の戸が開けられていた状況
だったので、すぐに窓を閉めて
測定したところ1500ppmでした。
このことにより、少しの時間でも、
窓や戸をあけて、「換気」することで
教室内の環境が良好になることが
わかりました。

令和2年1月発行の「学校保健第340号」
の令和2年新春座談会
「学校における環境衛生」の記事の中で、
日本薬剤師会理事の村松先生が夏にエアコン
を使用している教室内で二酸化炭素濃度の
測定したところ、4000ppmあったと
いう報告がありましたので、
パッケージエアコンの機能について再認識
して、今年の夏にも教室内の二酸化炭素濃度
の測定をしたいと考えています。

郡山にある地域の健康コンサルタント
調剤薬局ミッテルからの報告でした。

学校薬剤師活動~照度検査~

社長の高橋です。

令和元年11月6日に郡山市某小学校で、
学校薬剤師活動の一環として、教室の環境
検査をしてきました。
DSC_0001

郡山市は、秋、冬になると、雲が厚くなり、
太陽が顔を出す日が少なくなることもある
ので、今日は、照度検査をしてきました。
教室および、黒板の9か所で、床上75
センチメートル、机上で測定しました。
すべての教室で測定した結果は、
「まぶしさ」「照度」とも良好でした。
窓側と廊下側の机上では、200から
300ルクスの違いがありました。
また、天井に「梁」がある下の机上では、
100ルクス低い数値でした。

市民公開講座(認知症)

こんにちは
社長の高橋です。

先日、「みんなで支える認知症
(自らができる予防法)」
~医師・歯科医師・薬剤師の立場から~
を受講してきました。

DSC_0003_12

 

郡山市から受託された「認知症初期集中
チーム」(郡山市内の3病院)が地域包括
支援センターを含めた合同会議を行って、
医療や介護、と特に、物忘れなどの相談に
応じているとの事でした。

 

Domani(ドマーニ)と呼ばれる、
認知症疾患医療センター(郡山市内の
2病院)は
「もしかして認知症」などの電話相談や
面接相談を行っています。

 

また、「郡山市福祉まるごと相談窓口事業」
は、郡山市の地区ごとに認知症の相談を
受け付けています。
このように、新オレンジプランが郡山市でも
着実に実施されてきて、大変心強く思いました。

 

また、食事の際、「噛むこと」が脳に影響を
与え、認知症の症状が軽減し、俳諧もなく
なってくるという報告がありました。
アルツハイマー病に罹患させたマウスの口に
歯周病菌を投与した群としない群と比較すると、
投与されなかった群の方が、認知症機能の低下が
著しかったとの報告もありました。
歯周病の治療が大切なのですね。


市民公開講座に参加して大変有意義な講演を
受講できて明日からの服薬指導に取り入れたい
と考えています。

郡山にある地域の健康コンサルタント
調剤薬局ミッテルからの報告でした。 

「酒とたばこ」について講演~学校薬剤師~

社長の高橋です。

郡山市某中学校において2年生、
約200名を対象に「酒とたばこ」
についての講演をしてきました。
IMG-8233

酒については、「耐性・依存・心身
へのダメージ、法律」など、また、
たばこについては、「煙、葉、成分、
身体、妊婦へのダメージ、法律」
などの講演内容でした。

終了してから、生徒からいろいろな
質問がありましたが、内容は、事前
に用意していたものではなく、私の
話を聞いての上での質問で、大変、
感心しました。質問の例を挙げると、

副流煙の方が主流煙より有害物質
の含有率が高いので、ガンになり
やすいのではないか?」

「マスクをすれば、副流煙を防げる
のか?」

「中学生が酒を飲んだり、たばこを
吸ったら、どのような罰則がある
のか?」などでした。

生徒たち、真剣に私の話に耳を傾けて、
メモをとっていたので、話す方も、
大変うれしくなりました。

郡山にある地域の健康コンサルタント
調剤薬局ミッテル からの報告でした。

学校薬剤師活動~薬物乱用防止教室で講演~

先日、郡山市立某小学校で5年生を対象に
約30分講義をしました。
DSC_0058
「たばこ・アルコールがなぜ未成年者には害
になるのか。」
「薬物・シンナー・危険ドラッグがどのよう
に体に害をもたらすのか」といった内容で
講義をいたしました。

講演した薬剤師は、
『人前で話をするのは久しぶりだったので
心配もありましたが、児童の皆さんはとても
真剣に講義を聞いて下さり有意義な時間と
なりました。
人に伝えるための話し方など、まだまだ
学ば
なければと実感しました。』
話していました。

郡山にある地域の健康コンサルタント
調剤薬局ミッテルからの報告でした。

 

新年会

2019年のミッテル新年会『Ristorante Martello』
で開催しました。

今年は、新年会の前に
各店舗の成果報告会をすることに。
P_20190126_1847562_vHDR_Auto

安積店は、
『OTCの売り上げ促進・指導せんの作成』
大槻店は、
『OTCの売り上げ向上・個人の知識向上』
桑野店は、
『おくすり手帳における体重の記載と体重計の購入』
富田店は、
『OTC販売・在宅業務』
開成店は、
『店舗内勉強会・服用薬剤調整支援料の算定』
について、発表しました。

各店舗での取り組みを知り、
いいところを自分の店にも生かしてもらえればと
思いました。

成果報告会が終わったところで、新年会です。
P_20190126_1912041_vHDR_Auto
とてもおいしい料理とお酒に囲まれて
楽しい時間を過ごしました。
P_20190126_2028361_vHDR_Auto

郡山にある 地域の健康コンサルタント
調剤薬局ミッテル からの報告でした。

 

空気環境調査

本日、郡山市立某小学校で教室の空気環境
調査の1つである「二酸化炭素」の濃度
測定してきました。
DSC_0049
5年生の教室において真空式ガス採取器と
CO検知感を用いて授業開始時、中間時、
終了時の濃度を測定しました。
10時30分の測定値は、500ppm、10 時55分
では、750ppm、11時15分の測定値は、
800ppmでした。
測定の結果、あまり、二酸化炭素濃度の
上昇は見られませんでした。
これは、授業中に数回、ドアの開閉があった
ことが原因と考えられます。
また、授業開始後にストーブの温度設定を
2度前後低くするだけでも二酸化炭素濃度の
上昇を抑えることができるので、校長先生に
進言してきました。

測定後、保健室に常備している救急医薬品の
使用期限等の確認結果も校長先生に報告して
きました。
DSC_0054
来月には、薬物乱用防止教室の講演がありま
すので、現在、発表の準備にかかっています。

郡山にある 地域の健康コンサルタント
調剤薬局ミッテル からの報告でした。

学校薬剤師活動

平成30年11月6日
郡山市立某小学校で、環境衛生の管理
の一つである「照度及び照明環境の
検査」をしてきました。教室内の
9か所の机上と黒板で測定しました。

DSC_0003
測定機器は、光電池照度計を用いました。
照度基準は、下限値は300ルクスで、
500ルクス以上であることが望ましい
とされています。
測定結果は、すべての地点で、500ルクス
以上あり、平均は1300ルクスでした。
直射日光が机上に差し込んでいた箇所は
4700ルクスあり、教科書にも日光が
当たっていて、大変、まぶしく、読み
づらい状況でした。
そこで、カーテンを閉めて測定したところ、
2400ルクスに下がり、まぶしさも改善
されました。

生徒が自らカーテンを閉めるのは難しいの
で教師が気を利かすようにしてくださいと
校長に助言してきました。

郡山にある地域の健康コンサルタント
調剤薬局ミッテル からの報告でした。

プール水質検査/学校給食施設等検査~学校薬剤師業務~

平成30年6月18日、郡山市立某小学校で
環境検査を行ってきました。
DSC_02021

実務実習中の薬学部の学生
1名同行しました。

プールの水質検査を実施

本日の水温は、21度。今年は、
一度も23度になっていないので、
プールでの水泳はまだ行われていません。

水素イオン濃度  8.5
遊離残留塩素濃度 は
すべての点で基準内でした。

金網の損傷があり、児童が怪我をする
可能性があったので、ただちに修繕
するよう指導しました。

 

学校給食施設等の検査を実施
DSC_0206

構造、設備、すべて、Aの「良好」でした

実務実習生は薬学部で今まで学んできた
環境や衛生の授業の必要性を実感した
ようでした。

郡山にある地域の健康コンサルタント
調剤薬局ミッテルからの報告でした。

 

勉強会~サプリメント~

ミッテル全店で、
『グラジェノックス』という
サプリメントの勉強会が開催されました。P_20171213_133239_vHDR_On

サプリメントに関しては、
勉強しなくてはならないと思いつつ、
なかなか勉強できていなかったので、
とてもいい機会になりました。

今後、セルフメディケーションにも
取り組んでいかなければならないので
サプリメントについても
知識を習得しなければならないと
改めて感じました。

郡山にある地域の健康コンサルタント
調剤薬局ミッテルからの報告でした。