本当は凄い!!理学療法士が伝えるラジオ体操!

富田店のT.Kです。実は私は、理学療法士で、一言でいうと「体を動かす専門家」です。
「薬局なのになぜ体を動かす専門家がいるの?」と思う方もいると思いますが、これからの薬局は、薬を渡すだけでなく、地域の皆様の健康を総合的にサポートする事が求められています。
ミッテルでも、地域の皆様の健康をサポートできるような薬局を目指していますが、薬だけではなく体の事や運動の事もサポートできるような薬局になる事で、少しでも地域のためにお役に立てるのではないかと考えています。現在の所、理学療法士の具体的な活動はありませんが、今後、心身機能の維持・向上を目的に体操や運動教室などを開催して皆さんの健康を維持するきっかけ作りを薬局でも出来たらと思っています。

という事で、今回は一つ体操を紹介させていただきます。
皆さんがよく知っている代表的な体操と言えば、
「ラジオ体操」
が思い当たるのではないでしょうか。
ラジオ体操は全身のあらゆる筋肉を使い、左右均等に動かすことができるので、肩こりの改善体のゆがみの改善内臓の活性化、そしてダイエットに効く、実は、物凄い体操なのです。しかし、ただ体操するだけでは効果は少ないです。正しい動きでしっかりと筋肉・関節を意識して行うだけで効果が倍増し全身が熱くなります。そして意外と疲れます。
今回は体操のポイントをお伝えします。

背伸びの運動は、よく背筋、そして肘を伸ばすべし。
ラジオ体操①

腕を振って足を伸ばす運動は、背筋を伸ばし、つま先立ちから始めるべし。
ラジオ体操②

腕を回す運動は、肘を伸ばして大きく回すべし。
ラジオ体操③

④体をそらす運動は、胸を開き、背中の伸びを感じて肺に空気を送る感覚で行うべし。
ラジオ体操④
⑤体を横に曲げる運動は、わき腹(肩~腰)をしっかり伸ばすべし。
ラジオ体操⑤
⑥体の前屈運動は、肩の力を抜き、背骨一つ一つを曲げ頭まで曲げていく意識で行うべし。
ラジオ体操⑥
⑦体をねじる運動は、肘を伸ばして、体のひねり(腰~肩)を意識して行うべし。
ラジオ体操⑦

少しでも体が熱くなってくると、効果が表れている証拠ですね。
寒くて家の中にいる事で運動不足になりがちな今の季節に是非、ラジオ体操を習慣化してみてはいかがでしょうか。
毎日行っている人の中には「風邪をひきにくくなった」「血圧や血糖値が下がった」「肩こり、神経痛、腰痛の症状が軽くなった」という声も聞かれています。
声を出して笑顔で行うとより効果的ですよ。
痛みのある方は無理をせずに行いましょう。心配のある方はかかりつけや最寄りの整形外科医にご相談ください。
これからも、私達は地域の健康に向けて役に立てる事を模索していきます。
以上、地域の健康コンサルタント調剤薬局にミッテルから運動に関するお知らせでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>